fc2ブログ

ドイツ経済、政治、軍事、宗教からスキャンダルまで。ドイツのすべてを紹介。

ブロとも申請フォーム

訪問者数

QRコード

QR

広告

0 コメント

イスラム教 VS キリスト教 (07.12. 2004)

2004年11月にオランダで著名な映画監督がモッロコからの移民にナイフで惨殺された。この監督は、イスラム教における女性の虐待をテーマに映画を製作しており、これがイスラム原理主義者の怒りを買って殺される事になった。この殺害をきっかけにオランダ国内のモスクが放火にあったり、その報復としてキリスト教に関係のある施設が破壊、放火され、オランダでは宗教戦争の様相を呈している。政府は殺害された監督の映画を公共の場で...
記事の続きを読む
0 コメント

教会税  (05.10.2004)

今回は税金、それもドイツ特有の教会税をとり取り上げる。ドイツで生まれて教会で洗礼を受けると、その教会の信者として登録され、自動的に教会税の支払いの義務が生まれる。牧師だって、所詮はお金儲けの職業の一手段にしか過ぎないいい証拠だ。ドイツでは未だに神を信じている人の割合が高い。しかし、ドイツでも時代の兆候には逆らえず、キリスト教(神)を信仰する人の数は減る一方だ。当然、今のような不景気な時期には「1EUR...
記事の続きを読む
0 コメント

ドイツの宗教事情

大雑把に言えばドイツの北部はプロレスタント、南部はカトリック教徒という別れ方になります。日本との大きな違いは、今でも宗教が社会で非常に大きな役割(権力)を持っている点。大学では今でも各大学で神学を学ぶ事ができ、人類の誕生は神の創造によるものと考えている人が多く、キリスト教の根強い広がりを感じさせられる。流石に今日では、宗派の違いで紛争がおきるような事はなくなったが、各宗派間での水面下での争いは隠し...
記事の続きを読む